伝統工芸を身近に使う

高崎高島屋で開催中の

伝統工芸展を見に行きました

私の地元

山形県鶴岡市の出店がありました

 

「羽越しな布」

別名 古代織ともいわれ

現存する繊維の中で

平安時代にも記録が残される

古い歴史を持った布です

 

しなの木(白樺に似た木)

強靭な樹皮から

手間暇かけて繊維にし

それを織った布です

 

母から引っ越し祝いでもらった

ランプシェードを持っていいる事もあり

店主に声をかけました

なんと

私の高校時代の恩師の

甥っ子さんでした

応援したい気持ちで

身近で使える物として

 

眼鏡ケースを購入しました

汚れにも強いので

特に手入れは不要

汚れは拭き取る程度で良いとの事

 

遠い祖先の知恵と

手仕事のすばらしさを感じさせてくれる

一品です

 

しな織創芸 石田

山形県鶴岡市大山二丁目17-7

www.Shinafu.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です