庭から建築を考える

 

造園家 荻野寿也さんのセミナーに行ってきました。

 

 

「里山の原風景の再生」 をテーマに庭づくりの提案を行っている荻野さんは

さまざまな建築家やハウスメーカーからの庭づくりの依頼が絶えない

現在、注目を集めている造園家です。

 

 

今回のセミナーでは

建築と植栽を一緒に考えることで生まれる空間の魅力、価値について

又、庭を生かすために知っておくべき造園知識、照明計画など

施工事例を基に解説していただきました。

 

 

 

 

南の窓 = 「掃出し」 というような一辺倒でなく

絵画や写真のように 「この景色、庭の眺めをどう切り取るか・・」

 

心地よい住まいには、こんなことを意識した開口部の計画も必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

折角、東京まで来たのだからと・・・   久しぶりの 「皇居ラン」

青空の下、ゆっくり3周走ってきました ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 



6757659ff06883f23626fa2097bc1eb0

設計部部長 佐藤慎治
高崎市在住。妻と子供2人(1姫2太郎)の4人暮し。
子供の頃から運動は大の苦手。
増えていく体脂肪と、衰えゆく体力に抵抗(悪あがき?)し、2005年の禁煙を期に、ジョギングを始める。

Follow me!