我が家の暖房

 

私の家は、家族4人の住まいとしては比較的小さめの25坪。

入居後15年を経過したエアパスの住まいです。

 

今回は、そんな我が家の暖房器具のこと。

 

 

新築当初は、子供がまだ小さかった事もあり、メインの蓄暖(蓄熱暖房機・3.2kw)に加え

補助暖房としてオイルヒーターを使っていました。

室内の空気を汚さない点や安全面など、子育て世代にはピッタリの暖房器具だと

特に不満は感じていなかったのですが・・

 

2011年の震災時の停電がきっかけになりました。

「薪ストーブ」 とまではいかなくても、電源を必要としない暖房が必要だと。

 

それ以来、愛用しているのが、アラジンの石油ストーブ。

芯を調整してからマッチで点火

空焚きしないよう、残油量のチェックが必要だったりと、少々手は掛かりますが・・

1930年の発売開始以来、ほぼ変わらないデザインに惚れました。

 

 

現在では、室温だけでなく、からだ表面の温度を感知して・・ なんていう便利な機能を持つ機器もある中

日々、この面倒くささを楽しんでいます。

 

 

そうそう、 開放型の石油ストーブは、燃焼時のCo2はもちろん、多量の水蒸気が発生しますので

換気は必須です! ご注意を。

 

 

 



6757659ff06883f23626fa2097bc1eb0

設計部部長 佐藤慎治
高崎市在住。妻と子供2人(1姫2太郎)の4人暮し。
子供の頃から運動は大の苦手。
増えていく体脂肪と、衰えゆく体力に抵抗(悪あがき?)し、2005年の禁煙を期に、ジョギングを始める。