家の中での遊びの思い出

私の実家は

築200年近い平屋の古民家です

茶の間の天井は4m近い高さがあり

黒々とした松の梁が数本出ています

父が、室内で遊べるように

藤で出来た子供用のブランコを

梁に下げてくれ

遊んだことが

今では自慢の一つです

新居を建てる方には

子供部屋の梁はおすすめです

一人での遊びは

マンガを読むこと

母もマンガが好きで

家で自由に読むことが出来ました

中学生~高校生の頃は

お小遣いの節約のため

貸本屋で借りて読んでいました

当時は蔦屋などなかった時代ですが

貸本屋は田舎でもありました

最近コロナウイルスの影響で

スポーツジムに行けないため

数十年ぶりで

蔦屋でマンガを借りて読んでいます

女性向けコミック派なので

それにしても

ヒロインが典型的に

自己評価が低く

読んでいて

イライラする時があります

振り返れば

10代の私も

自己評価はかなり低かったなと

思います

人生経験を積み

おばさんになると

怖い物無しになるのは

なぜでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

なごり雪の中の地鎮祭